ビッグデータ利活用に潜むリスクへの対応

ビッグデータ利活用に潜むリスクへの対応

企業が経営や業務にデータを活用することは昔から行われています。近年、利活用されるデータは量・種類共に著しく増え「ビッグデータ」と呼ばれます。このビッグデータの時代、業務へのデータの取り込みに過度に身構えると、新たなリスクは増えないものの、今日ますます進展する情報技術の恩恵をとりこぼし、事業の拡大や業務の効率化等の機会を見逃します。

関連するコンテンツ

一方、世の中の動きに煽られリスクに対する十分な検討と備えがないままに目の前のチャンスに飛びつくと、顕在化したリスクに足元をすくわれ、場合によっては企業の存続を危うくするかもしれません。本稿では、データの持つ可能性を積極的かつ最大限に活かすために求められる、ビッグデータ利活用時における効率的・効果的なリスク対策について考察します。

内容

  1. はじめに~「ビッグデータ」とは
  2. 「守り」の要~リスク管理
  3. リスク対策
  4. 今後に向けて

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
シニアマネジャー 土方 宏治

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン