「監査役会に関する調査2015」の結果について | KPMG | JP

「監査役会に関する調査2015」の結果について

「監査役会に関する調査2015」の結果について

KPMG米国の「Audit Committee Institute」では、毎年、世界35ヶ国以上の国及び地域において、監査役(または監査委員)に対するアンケート調査(グローバル・オーディット・コミッティ・サーベイ)を実施しております。当調査は、監査役会(もしくは監査委員会)が、今後の対処すべき課題の検討や優先順位づけに役立つ情報提供することを目的にしています。

関連するコンテンツ

本年度は、全世界から1500件を超える回答があり(うち、日本からは部分回答含め196件)、リスク管理に関する考え方や優先順位、外部監査人や内部監査人との連携等、32個の質問に対する回答を集計し、各国毎に比較しています。
2015年版KPMG Audit Committee Surveyをご参照頂き、ご活用下さい。

内容

  1. Globalと日本との回答結果比較

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信