アルゴリズム取引に関する金融機関におけるリスク管理上の着眼点(原題:Algorithmic Trading Briefing Note)

アルゴリズム取引に関する金融機関におけるリスク管理上の着眼点

シニア・スーパーバイザーズ・グループ(SSG)は、2015年4月30日に“Algorithmic Trading Briefing Note”(アルゴリズム取引に関するブリーフィングノート)を公表しました。このレポートは、アルゴリズム取引に関するリスクを評価し、リスクに基づくコントロールの原則を特定し、監督当局及び被監督金融機関が現状の統制環境を評価する際の検証項目を含んでいます。

関連するコンテンツ

当レポートでは、アルゴリズム取引に関するリスクがそれに対するコントロールの改善ペースを凌駕していないか、標準的なリスク管理ツールが継続的なモニタリングにおいて有効であるか否か等を含む金融監督当局の主な関心事に焦点を当てています。
また、重要なコントロール原則も特定し、被監督金融機関が自己評価に利用し、かつ金融監督当局が金融機関のトレーディング業務をモニタリング・監督する際に利用することのできる検証項目についても採り上げています。検証項目は、ビジネスユニット・デスク管理に関するもの4項目、コントロール機能・シニアマネジメントに関するもの6項目、取締役会・経営陣に関するもの3項目から構成されています。
金融監督は、拡大・進化するアルゴリズム取引に柔軟に対応していく必要があるとしています。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン