ボルカー・ルール:規制対象ファンド(カバードファンド)のスポンサーまたは投資の禁止を検証 | KPMG | JP

ボルカー・ルール:規制対象ファンド(カバードファンド)のスポンサーまたは投資の禁止を検証 The Volcker Rule

ボルカー・ルール:規制対象ファンド(カバードファンド)のスポンサーまたは投資の禁止を検証

2014年12月、連邦準備制度理事会(FRB)はボルカー・ルールに基づくカバードファンド等に関して、2016年7月21日までの遵守期限延長等を公表しました。

関連するコンテンツ

ボルカー・ルール規制の対象となる銀行は、明確化されたガバナンスと管理のフレームワークを備えた強固なコンプライアンス・プログラムや、関連情報を補足し、報告するための柔軟性のあるインフラを整備しておくことが重要となります。

カバードファンドが最終規則の要件に準拠しているか、または売却する必要があるのかを判断するために、その投資と関係性の評価を開始する必要があります。

本レポートでは、規制対象あるいは対象外となる(カバード)ファンドの定義について概観するとともに、銀行の資産規模及び実施される活動内容に応じて適用されるコンプライアンス・プログラム要件について解説しています。

内容

  1. カバードファンドのスポンサーまたは投資の禁止を検証
  2. 「カバードファンド」
  3. コンプライアンスおよび監視の努力
  4. 業界の反応
  5. 結論

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信