金融庁「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)を公表

金融庁「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)を公表

(平成27年2月13日 金融庁)金融庁は、「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)を公表しました。今回の改正(案)においては、システムリスク管理態勢の充実強化について、記載されています。

関連するコンテンツ

金融庁は、平成27年2月13日、「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)を公表しました。また、これにあわせ、証券取引等監視委員会は、同日付で、「金融商品取引業者等検査マニュアル」等の一部改正案を公表しました。同指針の一部改正(案)及び同マニュアルの一部改正(案)においては、システムリスク管理態勢の充実強化について、記載されています。主に「システムリスク評価」「情報セキュリティ管理」「サイバーセキュリティ管理」「システム企画・開発・運用管理」等に関して、確認項目等の具体化が図られています。

J-REIT資産運用会社をはじめとする不動産アセットマネジメント会社においても、同確認項目等を踏まえ、自社の業務に内在するリスクの種類・内容等に応じて、適切な態勢を構築することが必要と思われます。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン