国外転出時課税制度(出国税)の導入(KPMG Insight) | KPMG | JP

国外転出時課税制度(出国税)の導入(KPMG Insight)

国外転出時課税制度(出国税)の導入(KPMG Insight)

2015年度税制改正において、個人が国外転出する時に有する株式等に係る未実現のキャピタルゲイン等に対して課税する国外転出時課税制度(いわゆる出国税)が導入され、2015年7月1日から適用されることとなりました。

関連するコンテンツ

本稿では、国外転出時課税制度の概要をご紹介するとともに、国外転出時課税制度の導入に伴い見直されることとなった財産債務明細書の提出制度に関する改正内容についてもお知らせいたします。

内容

  1. 国外転出時課税制度の導入の背景
  2. 国外転出時課税制度の概要
  3. 財産債務明細書の提出制度の見直し

執筆者

KPMG税理士法人
タックステクニカルセンター
マネジャー 山崎 沙織

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信