次世代エネルギー 水素関連ビジネスの成長戦略 | KPMG | JP

次世代エネルギー 水素関連ビジネスの成長戦略

次世代エネルギー 水素関連ビジネスの成長戦略

世界初の民生用燃料電池自動車が2014年12月に発売されるなど、2020年の東京オリンピックに向けて「水素社会」の今後の発展が期待されますが、採算性が取れるまでに時間がかかることが、水素インフラ事業等の課題となっています。

関連するコンテンツ

米国では、安価なガスを改質する水素製造法が主流となり、フォークリフト分野で燃料電池車が普及していますが、技術面において発展の余地があり、高い技術を持つ日本企業の事業機会も考えられます。
欧州では自然エネルギー由来の電気分解型水素社会が構築されており、「資源小国日本」が長期的に標榜する社会として注目されています。
採算が取れるまで時間がかかる水素ビジネスは、行政側と協調した成長戦略が鍵となります。東京オリンピックまでに強力な普及促進施策を講じ、技術を成熟させ、これを基に欧米市場で果実を得るべく官民で長期的事業戦略練ることが、「日本が世界をリードできる分野」である水素ビジネスの発展方策と考えられます。

内容

  1. 我が国の現状と課題
  2. 北米市場での商機
  3. 学ぶべき欧州市場
  4. 事業会社の成長戦略
  5. 事業の成長を支える行政側の方策

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
パートナー 赤峰 陽太郎

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信