IFRS - Revenue Newsletter - Issue 13

IFRS - Revenue Newsletter - Issue 13

本ニューズレターでは、収益認識について2015年3月の合同会議で行われた議論について解説しています。2015年3月の合同会議では、IASBとFASBは主に、本人か代理人かの検討について討議しましたが、最終的な合意に至るまでにさらなる調査が必要であると判断しました。その他の論点について、FASBはより広範囲で詳細な改訂を提案する一方で、IASBはより限定的な改訂を提案する見込みです。

関連するコンテンツ

内容

  1. 収益認識プロジェクトの動向
  2. 2015年3月の決定の一覧
  3. 本人か代理人かの検討
  4. 売上税の表示
  5. 対価の回収
  6. 現金以外の対価
  7. 新基準への移行
  8. TRGが討議した論点

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

米国基準のトピック

IFRS - Revenue Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン