IFRS - Revenue Newsletter - Issue 12

IFRS - Revenue Newsletter - Issue 12

本ニューズレターでは、収益認識に関する新基準の公表後に行われた議論について解説しています。2015年2月の合同会議では、IASBとFASBは、収益認識基準のライセンス及び履行義務の識別の論点を明確化するために、改訂を提案することで合意しました。ただし、FASBは、より広範囲で詳細な改訂を提案する一方で、IASBはより限定的な改訂を提案する見込みです。

関連するコンテンツ

内容

  1. 収益認識プロジェクトの動向
  2. 2015年2月現在の合意事項の一覧
  3. ライセンスの性質
  4. 売上高ベースまたは使用ベースのロイヤルティの例外規定
  5. その他のライセンスに関する論点
  6. 「契約の観点において別個のものである」という文言の意味
  7. その他の履行義務に関する論点
  8. TRGが討議した論点

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

米国基準のトピック

IFRS - Revenue Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン