ASBJ、改正実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」を公表 | KPMG | JP

ASBJ、改正実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」を公表

ASBJ、改正実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」を公表

会計・監査ニュースフラッシュ - ASBJは平成27年3月26日に、改正実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」を公表しました。

関連するコンテンツ

この改正実務対応報告では、主として平成26年1月に改正された米国におけるのれんに関する会計基準への対応、平成25年9月に改正された企業会計基準第22号「連結財務諸表に関する会計基準」への対応及び退職給付会計における数理計算上の差異の費用処理の明確化を行うための修正が行われています。

内容

  1. 現行の取扱いの概要-修正5項目
  2. 平成27年改正実務対応報告第18号の概要
    1. のれんの償却に関する取扱い-修正項目の内容を一部改正
    2. 少数株主損益の会計処理に関する取扱い-修正項目の削除
    3. 退職給付会計における数理計算上の差異の費用処理-修正項目の明確化
    4. 在外関連会社の会計処理に関する当面の取扱い
    5. 適用時期等
  3. 今後、追加が検討される予定の修正項目

参考情報へのリンク(外部サイト)

日本基準のトピック

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信