ASBJ、「退職給付に関する会計基準の適用指針」を改正

ASBJ、「退職給付に関する会計基準の適用指針」を改正

会計・監査ニュースフラッシュ - 企業会計基準委員会(ASBJ)は平成27年3月26日に、改正企業会計基準適用指針第25号「退職給付に関する会計基準の適用指針」(以下「改正適用指針第25号」という)を公表した。

関連するコンテンツ

本改正により、現行の企業会計基準適用指針第25号「退職給付に関する会計基準の適用指針」(以下「改正前の適用指針第25号」という)の定めのうち、主として複数の事業主により設立された確定給付型企業年金制度(複数事業主制度)の注記内容に関する定めが変更された。

改正適用指針第25号の概要

改正の背景
平成24年1月31日付で厚生労働省から、厚生労働省通知「厚生年金基金の財政運営について等の一部改正及び特例的扱いについて」及び「「確定給付企業年金の規約の承認及び認可の基準等について」及び「厚生年金基金から確定給付企業年金に移行(代行返上)する際の手続及び物納に係る要件・手続等について」の一部改正について」(以下合わせて「平成24年厚生労働省通知」という)が発出され、厚生年金基金及び確定給付企業年金の財務諸表の表示方法の変更が行われた。また、厚生年金基金における財務諸表の表示方法については、平成26年3月24日付で発出された厚生労働省通知「厚生年金基金の財政運営について等の一部改正等について」による変更も行われた。
改正前の適用指針第25号の定めの中には、厚生年金基金及び確定給付企業年金の財務諸表の表示に言及している部分があり、改正適用指針第25号は上記の変更に対処するために、主として以下の3点の変更を行っている。

複数事業主制度を採用し、確定拠出制度に準じた会計処理及び開示を行っている場合
複数事業主制度を採用している場合で、確定拠出制度に準じた会計処理及び開示を行うときに、改正前の適用指針第25号は「直近の積立状況等」を示すものの内訳として、「年金財政計算上の給付債務の額」の注記を求めていた。しかし、従来は厚生年金基金の貸借対照表に表示されていた「給付債務」(負債)が、平成24年厚生労働省通知により厚生年金基金の貸借対照表に表示されなくなった。改正適用指針第25号はこれを踏まえ、従来と実質的に同じ内容となる、「年金財政計算上の数理債務の額と最低責任準備金の額との合計額」の注記を求めることに変更している(なお、確定給付企業年金の場合は代行部分の給付がないことから、「年金財政計算上の数理債務の額」の注記が求められることも明らかにされている)。
なお、年金財政計算上の数理債務の額は、厚生年金基金及び確定給付企業年金の貸借対照表には表示されず、欄外に注記されているため、注記の額を計算するにあたっては、欄外の「数理債務」の額と貸借対照表に表示されている「最低責任準備金」(負債)の額に基づき注記の額を計算することとなる。

複数事業主制度を採用し、確定給付制度の会計処理及び開示を行っている場合
平成24年厚生労働省通知により、年金財政計算上の数理債務の額及び未償却過去勤務債務残高は、厚生年金基金及び確定給付企業年金の貸借対照表には表示されず、欄外に注記されることとなった。
このため、複数事業主制度に対して確定給付制度の会計処理を行う場合で、自社の負担に属する年金資産等の計算を行うときの合理的な基準として、年金財政計算における数理債務の額及び未償却過去勤務債務の額を用いるケースでは、厚生年金基金及び確定給付企業年金の貸借対照表の欄外に注記されている「数理債務」の額及び「未償却過去勤務債務残高」の額を勘案して制度全体の額を算定し、自社の負担に属する年金資産等を計算することに留意する必要があることが、結論の背景に追加記載されている。

複数事業主制度の採用に関係なく、簡便法による退職給付債務の計算にあたって年金財政計算上の数理債務の額を用いている場合
平成24年厚生労働省通知により、年金財政計算上の数理債務の額は、厚生年金基金及び確定給付企業年金の貸借対照表には表示されず、欄外に注記されることとなった。
このため、簡便法による退職給付債務の計算にあたり、年金財政計算上の数理債務の額を用いる場合には、厚生年金基金及び確定給付企業年金の貸借対照表の欄外に注記されている「数理債務」の額を勘案して退職給付債務を計算することに留意する必要があることが、結論の背景に追加記載されている。

適用時期等
改正適用指針第25号は、公表日以後、最初に終了する事業年度の年度末に係る財務諸表から適用する。
この改正内容は、表示方法の変更として取り扱われ、企業会計基準第24号「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」第14項の定めに従い、表示する過去の期間における改正適用指針第25号第65項の注記についても、新たな表示方法を適用する。

参考情報へのリンク(外部サイト)

日本基準のトピック

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン