ASBJ、改正実務対応報告第31号を公表 | KPMG | JP

ASBJ、改正実務対応報告第31号「リース手法を活用した先端設備等投資支援スキームにおける借手の会計処理等に関する実務上の取扱い」を公表

ASBJ、改正実務対応報告第31号を公表

会計・監査ニュースフラッシュ - 企業会計基準委員会より、平成27年3月11日に改正実務対応報告第31号「リース手法を活用した先端設備等投資支援スキームにおける借手の会計処理等に関する実務上の取扱い」が公表されました。

関連するコンテンツ

本改正実務対応報告では、実務対応報告第31号において別途定めることとされていた契約変更時の借手の会計上の取扱いについて明確化が図られています。

本改正実務対応報告の概要

  1. 本スキームにおけるリース契約の変更の取扱い
  2. その他のリース取引に係る現行の取扱いへの影響
  3. 適用時期等

参考情報へのリンク(外部サイト)

日本基準のトピック

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信