データ:オペレーション・モデルの転換に不可欠なドライバー | KPMG | JP

データ:オペレーション・モデルの転換に不可欠なドライバー Data: An integral driver in transforming the operating model

データ:オペレーション・モデルの転換に不可欠なドライバー

資産運用会社は革新的なオペレーション・モデルを導入することによりその収益と運用報酬を拡大させるとともに規制当局の要求を満たすことができます。大量のデータを活用したアナリティクスの手法をご紹介します。

関連するコンテンツ

多くの資産運用会社は社内外の情報源から受領したデータを十分に活用できていないようです。必要なデータに正確にかつタイムリーにアクセスすることは経営の意思決定の精度を向上させるとともに規制当局からの要求を満たすことにつながります。
データアナリティクスは、拡散しているデータの集中化に始まり、データ整備・視覚化、セグメンテーションを経てデータ解析に基づく予測モデリングの構築、総合的でリアルタイムなアナリティクスを可能にするデータ環境の最適化に至ります。
資産運用会社のオペレーティングモデルに関して、自社がアナリティクス成熟カーブのどこにいるのか、オペレーションモデルの拡張が容易か、データは共通フォーマットになっているか、社内プロセスはどの程度自動化されているか、の4つの問いを問いかけることが必要です。
ビジネスモデルの変革によって予測不可能なものを予測可能にし、利益拡大、地理的な拡大を達成することが求められています。

内容

  1. 事業戦略に沿った簡素化したオペレーション・モデルを構築する
  2. データのサプライチェーンとアーキテクチャを管理する
  3. アナリティクス成熟カーブを上がる
  4. 視覚化の力を活用する
  5. 変化の被害者ではなくマスターになる

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信