主導権は誰の手に:あなた?それともデータ? Who is in control: You or your data?

主導権は誰の手に:あなた?それともデータ?

金融サービス会社にとって、データがナンバーワンの資産だと言えますが、多くの企業はいまだにデータの奴隷になっており、増加し続ける情報とシステムを構築・管理するために多大なリソースと人材を注ぎ込んでいます。一方で複雑さを克服して、データを真の意味で支配できるようになってきた少数の企業はビッグデータテクノロジーを使い始めています。彼らはそれによって市場で大きな競争優位性を作り出しているのです。

関連するコンテンツ

金融サービス・セクターを支えているデータは膨大な量ですが、すべての企業のプロセスと活動はデータに依存しているため、企業はデータマネジメントやインフラに重点を置いています。データ量は増加傾向にあり、データ処理作業に係るコスト負担も増加しています。そのため企業は直接的に価値を生み出すデータだけにリソースを集中させ、潜在的に有益なデータを大量に置き去りにしています。しかし近年では、ビッグデータテクノロジーを使用することにより、追加的なコスト負担なしで、一般的なデータや方策を活用し、データマネジメントやデータコントロールする新しいアプローチが登場しています。
KPMGのデータソリューションは、ビッグデータアプローチとKPMG独自の洞察やビジネスに対する見識を活用することにより、効率的なオペレーションをサポートします。

内容

  1. データの洪水
  2. 多くを投資するも、どこにも行きつかず
  3. 価値を置き去りに
  4. いたるところにあふれるデータ
  5. プレッシャーは山積み
  6. 新しいアプローチの登場
  7. 業績を改善し、コストを引き下げる
  8. 変化の時

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン