FASB/IASB−収益認識に関する基準書の明確化を提案

FASB/IASB−収益認識に関する基準書の明確化を提案

Defining Issues 15-05 - 2015年2月に開催されたFASBとIASBの合同会議で、FASBは、知的財産のライセンスに対する会計処理及び履行義務の識別に関するガイダンスを明確にするために、収益認識基準の改訂を提案することを決定しました。一方、IASBは、基準の明確化をFASBよりも限定的とすることで合意しました。

関連するコンテンツ

内容

  1. 知的財産のライセンスの性質の決定
  2. 知的財産及びその他の財またはサービスに対する売上ベース及び使用ベースのロイヤルティの例外の適用
  3. ライセンスのガイダンスに関するその他の明確化
  4. 約束した財またはサービスの特定
  5. 契約の観点において別個のものであるの意味
  6. 輸送及び出荷サービスの会計処理
  7. 次のステップ

IFRSのトピック

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン