サイバーセキュリティに必要な3つの変化 | KPMG | JP

サイバーセキュリティに必要な3つの変化

サイバーセキュリティに必要な3つの変化

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ 第11回 - サイバーセキュリティという言葉をメディアで見かけない日はないが、一方でサイバーセキュリティという概念には確定的な定義や解釈が存在しない。サイバーセキュリティと企業がこれまで取り組んできた情報セキュリティとは一体何が違うのだろうか。

関連するコンテンツ

サイバーセキュリティという言葉で表現されることの多い現在の状況を的確に把握し、対応していくためには、情報セキュリティの分野で起こっている3つの変化について理解しておくことが重要である。

内容

  1. 行為者の変化
  2. 攻撃手法の変化
  3. 対応の変化
  4. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
パートナー 田口 篤

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信