The View from the Top ~CEOの高まる期待にCFOは応える準備ができていますか~

~CEOの高まる期待にCFOは応える準備ができていますか~

KPMGは2014年9月~10月にフォーブス・インサイトと共同調査を実施しました。本調査は、アジア太平洋地域の企業の経営幹部178名を対象とし、財務経理機能に対する考え方や期待の変化を把握することを目的としています。このレポートで特徴的なのは、CEOがCFOに対する課題を扱っているところです。

関連するコンテンツ

CEOがCFOに求めているのは、法令順守や規制対応にばかり気を取られるのではなく、企業の成長に貢献すること、テクノロジーを活用して高付加価値の情報を提供すること、そして大局的な視点を持ち、CEOの戦略的なビジネスパートナーになることです。
また、CEOは人材マネジメントスキルを重要視しており、CFOによる財務部門の人材マネジメントが十分でないと考えています。

なお、調査対象の178名のうち、日本企業のCEOは24名となっていますが、日本企業のCEOの調査結果は、アジア太平洋地域調査全体の結果と一部異なる傾向もみられます。
日本企業におけるCEOによる回答結果の傾向をまとめた補足資料もあわせてご参照ください。

内容

  1. はじめに―トップの孤独
  2. CFOの将来像:絶え間ない変化の中で将来像を描く
  3. 日常業務:現場の現実
  4. リーダーであること:財務経理機能の対外活動
  5. KPMGの視点

調査結果の概要

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン