サブサハラ・アフリカの最新投資環境 | KPMG | JP

サブサハラ・アフリカの最新投資環境

サブサハラ・アフリカの最新投資環境

サブサハラ・アフリカは今後の人口増と急激な経済成長が期待されている地域ですが、ビジネス環境という点においては、未だ多くの課題を抱えています。サブサハラ・アフリカを含むアフリカは、2028年の経済共同体形成に向けて東西南アフリカ等の単位での地域統合を進めています。

関連するコンテンツ

本稿では、ケニアを物流のハブとして少数国での統合を加速させる東部アフリカ、非石油産業も好調な人口大国ナイジェリアに牽引される西部アフリカ、成熟した市場を持ち南アフリカの多国籍企業が域内地域を活性化させている南部アフリカのそれぞれについて、その概要を説明しています。

内容

  1. サブサハラ・アフリカの概要
  2. アフリカの地域統合
  3. 地域および主要国の概況
  4. おわりに

執筆者

KPMG南アフリカ
ヨハネスブルグ事務所
シニアマネジャー 會田 浩ニ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信