FASB - ASU第2014-18号「企業結合における識別可能無形資産の会計処理」を公表 | KPMG | JP

FASB - ASU第2014-18号「企業結合における識別可能無形資産の会計処理」を公表

FASB - ASU第2014-18号「企業結合における識別可能無形資産の会計処理」を公表

Defining Issues 15-1 - FASBが2014年12月、ASU第2014-18号「企業結合における識別可能無形資産の会計処理」を公表したことに関する情報を記載しています。このASUは、非公開企業が企業結合においてパーチェス法を適用する場合、特定の識別可能無形資産をのれんに含めるという代替的な方法を提供しています。これを選択する場合は、ASU第2014-02号の代替的な方法を選択します。

関連するコンテンツ

非公開企業が特定の顧客関連の無形資産等をのれんに含めることを選択した場合、その企業はのれんを償却することが要求されます。

このガイダンスは、2015年12月15日以降開始する事業年度の第1四半期に発生した企業結合から将来に向かって適用されます。早期適用も認められます。

内容

  1. 重要な決定事項
  2. 主な影響
  3. 企業結合に関する会計処理を再検討する理由
  4. 代替的な方法をどのように適用するか

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信