重要な技術情報の保護のために | KPMG | JP

重要な技術情報の保護のために

重要な技術情報の保護のために

近年、企業の重要な技術情報が国内外に流出する事件が多発している。背景には、グローバル競争の激化、人材の流動化等があると考えられる。特に新興国の企業は、競争力強化のために積極的に日本の技術者のスカウトに力を入れているといわれており、近年の技術流出にかかる裁判でも、原告側企業は退職者や提携先企業の技術者から情報が漏えいしたと主張している。

関連するコンテンツ

本稿では、上記状況を踏まえた各企業の情報管理体制の見直しのきっかけとしていただくべく、技術情報の法的保護について主に解説する。

内容

  1. 技術情報を法的に守る2つの方法
  2. 営業秘密とは
  3. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー 水戸 貴之

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信