事業継続マネジメント(BCM)サーベイ2014 | KPMG | JP

事業継続マネジメント(BCM)サーベイ2014

事業継続マネジメント(BCM)サーベイ2014

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ 第10回 - KPMGジャパンでは、災害・事故・事件が発生した場合などの非常時における事業の継続性を確保するための取組みである、事業継続マネジメント(以下、BCMとする)の実施状況について、国内企業を対象とする7回目の調査を実施した。

関連するコンテンツ

今回も従来と同様、国内上場企業と売上高500億円以上の未上場企業の総務部門長に調査票を郵送し、期限までに寄せられた313社からの回答について集計・分析を行った。

報告書の公表に先立ち、本稿では、その要点を紹介する。

内容

  1. BCMサーベイの背景と目的
  2. 調査結果の概要
  3. 海外拠点BCPとサイバー攻撃BCP
  4. 海外BCMサーベイとの比較
  5. 課題
  6. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
ディレクター 山田 茂

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信