金融庁、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件」等の一部改正を公表

金融庁、「平成21年12月金融庁告示第69号」等の一部改正を公表

平成26年11月14日、金融庁より、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件(平成21年12月金融庁告示第69号)」等の一部改正が公表されました。

関連するコンテンツ

1.改正の概要

「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件等の一部を改正する件」(金融庁告示第63号)により、国際会計基準審議会が平成26年1月1日から6月30日までに公表した以下の国際会計基準(これらの基準に付属する結果的修正が行われた国際会計基準を含みます。)は、連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則第93条に規定する指定国際会計基準とされました。

  • 国際財務報告基準(IFRS)第14号「規制繰延勘定」(平成26年1月30日公表)
  • 国際財務報告基準(IFRS)第11号「共同支配の取決め」(平成26年5月6日公表)
  • 国際財務報告基準(IFRS)第15号「顧客との契約から生じる収益」(平成26年5月28日公表)
  • 国際会計基準(IAS)第16号「有形固定資産」(平成26年5月12日及び同年6月30日公表)
  • 国際会計基準(IAS)第38号「無形資産」(平成26年5月12日公表)
  • 国際会計基準(IAS)第41号「農業」(平成26年6月30日公表)

また、「「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条に規定する指定国際会計基準に含まれる解釈指針について」の改正も行われています。

2.適用

平成26年11月14日付で、適用されます。

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン