戦略的IFRS経営 - 国際会計基準が変える組織・プロセス・ITシステム -

戦略的IFRS経営 - 国際会計基準が変える組織・プロセス・ITシステム -

2010年から日本でもIFRSの任意適用が始まりました。会計基準のIFRSへの変更は、システムの変更、連結システムの再構築、ビジネス慣習の再考など、さまざまな分野に影響を及ぼします。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書は、IFRSをいかに前向きにとらえ、グローバル企業としてのインフラを整備・運用していくかという視点で執筆されています。特に、日本企業における伝統的な取得原価主義をベースにした経営の考え方から脱却して、いかにIFRS的な時価主義を意識した経営に変えていくかということに力点が置かれています。
IFRS時代のグループマネジメントやITシステムへの影響、導入プロジェクトを効率的に進める手法を、図表を用いて分かりやすく解説しています。

著者:あずさ監査法人/KPMG 編著

出版社:東洋経済新報社

発行日:2010.6.10

体裁:A5判・240頁

定価:2,600円(税抜)

序章 問われる日本企業の底力-IFRSに対応した戦略経営
第1章 IFRSをめぐる状況
第2章 IFRSが経営に及ぼす影響
第3章 戦略的IFRS経営の実現に向けて
第4章 IFRSがITシステムに与えるインパクト
第5章 IFRS導入プロジェクトを効率的に進める方法
終章 IFRSで試される経営者のリテラシーと思想

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

東洋経済新報社

IFRSのトピック

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン