グローバル消費財流通企業エグゼクティブ トップ・オブ・マインド調査2014 Global Consumer Executive Top of Mind Survey 2014

グローバル消費財流通企業エグゼクティブ トップ・オブ・マインド調査2014

急速に進化し続ける消費財市場において、これまでのビジネスモデルや顧客層の捉え方は、時代にそぐわないものとなりつつあります。いつでもどこでも買物ができるという新たなビジネスモデルが確立され、効果的に消費者を特定し惹きつける革新的な技術の進歩は、消費財流通業界に活況と将来への展望をもたらす一方、企業にとってはサイバー犯罪等に晒されるリスクが高まると共に、情報の安全と信頼の確保に対する責任も増大します。

関連するコンテンツ

このような背景のもと、KPMG と Consumer Goods Forum (CGF)は、世界をリードする消費財企業469名のシニアエグゼクティブを対象に、新技術や業界トレンドが今年の自社戦略にどのような影響を与えるか、2014年における最重要事項『トップ・オブ・マインド』についてグローバルサーベイを実施しました。

ご関心がある方は、PDF(日本語版)を公開していますのでご覧ください。また、英語版のPDFも公開しています。

内容

  1. エグゼクティブ・サマリー
  2. データと技術
  3. 成長
  4. オペレーション
  5. 企業責任
  6. 結論

英語コンテンツ(原文)

成長のための変化:デジタル時代の消費財ビジネス

出典:KPMGおよびCGFグローバル消費財企業エグゼクティブ・トップ・オブ・マインド調査2014

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン