『Sustainableな未来に向けた企業経営』 - 企業価値を高める非財務情報開示最前線 - 開催報告 | KPMG | JP

第3回KPMGジャパン サステナビリティセミナー『Sustainableな未来に向けた企業経営』 - 企業価値を高める非財務情報開示最前線 - 開催報告

『Sustainableな未来に向けた企業経営』 - 企業価値を高める非財務情報開示最前線 - 開催報告

KPMGあずさサステナビリティは、2014年9月24日に経団連会館において主催した第3回 KPMGジャパンサステナビリティセミナー「Sustainableな未来に向けた企業経営」 - 企業価値を高める非財務情報開示最前線 - の開催報告書を発行しました。

関連するコンテンツ

今回のセミナーでは、徳川家第十八代当主 徳川 恒孝氏、JSIF 荒井 勝氏、LRQA 冨田 秀美氏、日本郵船 小杉 和枝氏をお迎えし、KPMGジャパンおよびKPMGあずさサステナビリティのパートナーを加えて基調講演、パネルディスカッション、事例紹介等を行いました。当日は定員200名を超える皆さまにご参加いただき、大変ご好評をいただきました。

基調講演:江戸時代に築かれたサステナブル社会

(公財)徳川記念財団理事長
徳川宗家十八代当主 徳川 恒孝 様

パネルディスカッション:企業価値を高める非財務情報の開示のあり方

NPO法人社会的責任投資フォーラム(JSIF)
会長 荒井 勝 様

LRQA 経営企画・マーケティンググループ
統括部長 冨田 秀実 様

事例紹介:日本郵船株式会社 「NYKレポート2014」-Taking a Step Forward-

日本郵船株式会社
広報CSRグループ CSR推進チーム長
小杉 和枝 様

講演:統合的思考に基づく非財務情報の開示

KPMGジャパン統合報告アドバイザリーグループ
パートナー 齋尾 浩一郎

KPMGあずさサステナビリティ株式会社
代表取締役 パートナー 船越 義武

KPMGあずさサステナビリティでは、2013年より『Sustainableな未来に向けた企業経営』と題した連続セミナーの開催を通して、日本企業が有する強みや長所を将来の企業価値の源泉とし、非財務情報の有用性を反映した形で、いかに発信し、評価するか、という観点から多角的にテーマを取り上げています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信