第11回 Integrated Business に向かって - 第4回IIRC年次総会の報告 | KPMG | JP

第11回 Integrated Business に向かって - 第4回IIRC年次総会の報告

第11回 Integrated Business に向かって - 第4回IIRC年次総会の報告

未来を拓くコーポレートコミュニケーション - 国際統合報告評議会(IIRC)は、2013年12月に国際統合フレームワークを発行しました。「統合フレームワーク」の策定を目的に2011年より開始されたパイロットプログラムは、第4回IIRC年次総会(2014年9月開催)をもって終了し、今後は「統合報告ビジネスネットワーク」として引き継がれます。

関連するコンテンツ

本稿では、第4回年次総会の本会議およびワークショップの一部を要約し、統合報告がパイロットプログラム参加企業にもたらした変化と、IIRCが様々な基準設定機関と協働しながら議論を深めている、今後の企業報告のあるべき方向性、および「保証」について報告します。

内容

  1. はじめに
  2. 本会議より―「報告は企業行動を変える」
  3. ワークショップより―「結合性のある報告書」および「保証」について

執筆者

KPMG ジャパン
統合報告アドバイザリーグループ マネジャー
国際統合報告評議会 プロジェクトマネジャー
牧 多恵

未来を拓くコーポレートコミュニケーション

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信