フローティングLNG:世界のLNG業界にとっての革命と進化になりうるか? | KPMG | JP

フローティングLNG:世界のLNG業界にとっての革命と進化になりうるか?

フローティングLNG:世界のLNG業界にとっての革命と進化になりうるか?

LNG産業はかつてないほどの勢いで広がりをみせています。本レポートでは、新たに出現してきた技術としてその動向が注視されているフローティングLNGについて、その将来の展望と課題について解説しています。

関連するコンテンツ

2011年5月20日、シェルはPrelude FLNGプロジェクトを豪州北西沖合で実施することについて最終決断を下しました。それから3年が経過し、シェルは史上最大の浮体施設の建設に着手しました。488mにも及ぶ船体は自由の女神をも覆う大きさです。この新しい技術が世界のLNG産業にもたらすインパクトは莫大なものとなるといわれています。

一方で、FLNGにはいまだ技術的、商業的、そして財務的な課題があるとも言われていますが、先駆的な企業がこの課題への対応策を見出すことができれば、今後のLNGビジネスの変化を促す重要な要因となるでしょう。

しかしながら、すべてのプロジェクトに「フローティング」が適しているわけではありません。さらに、FLNGはいまだ初期段階にあり、事業者は複数の新たなリスクとプロジェクト管理の課題の中を進んでいます。

内容

  1. FLNGへの航海
  2. FLNGの出現
  3. FLNGを巡る世界の状況
  4. 開発者がFLNGを選択する10の理由
  5. FLNGの開発者にとっての主要な検討事項とリスク

執筆者

KPMG in Qatar
Advisory
Partner Hilda Mulock Houwer

KPMG in Canada
Advisory
Partner Mary Hemmingsen

KPMG in Japan
Advisory
Managing Director Mina Sekiguchi

冊子の郵送について

ご希望の方には、無料で本冊子(日本語訳版・英語版)のハードコピーをお配りしております。下記資料請求フォームからお申込みください。

エネルギー

エネルギー

エネルギー業界における国内外の事情に精通したプロフェッショナルが、企業の課題解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信