IRS 様式1042-Sおよび様式W-8BEN-Eインストラクション等、追加情報を発表 | KPMG | JP

IRS 様式1042-Sおよび様式W-8BEN-Eインストラクション等、追加情報を発表

IRS 様式1042-Sおよび様式W-8BEN-Eインストラクション等、追加情報を発表

11月3日、米国内国歳入庁(IRS)は、2014税務年度の様式1042-S “Foreign Person's U.S. Source Income Subject to Withholding” のインストラクションについて追加情報を公表するとともに、様式W-8BEN-E “Certificate of Foreign Status of Beneficial Owner for United States Tax Withholding (Entities)”やその他W-8BEN各種様式のインストラクションについて、提出者および徴求者向けの追加ガイダンスを公表しました。また、外国金融機関(FFI)リストの検索・ダウンロードツールシステムのアップグレードも公表しました。

関連するコンテンツ

様式1042-S

ウェブ上で補足説明を追加し、2014年版の様式1042-Sのインストラクションの一部の条項の訂正/更新を行いました。

様式W-8BEN関連

W-8BEN-Eインストラクション(2014年6月版)の一部更新と補足説明をIRSのFATCAページに公表しました。

また、W-8BEN、W-8BEN-E、W-8ECI、W-8EXP、W-8IMYを徴求する源泉徴収者向けのインストラクション(2014年7月版)についても、一部更新と補足説明をIRSのFATCAページに公表しました。

外国金融機関(FFI)リストの検索・ダウンロードツールの更新

金融機関名の文字フィールド数が40から150に増え、新たに各種括弧([]、 {}、 ())の使用が可能に。

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信