米連邦金融監督当局:資産担保証券のスポンサーに信用リスクの一部保持を義務付ける最終規則の公表 | KPMG | JP

米連邦金融監督当局:資産担保証券のスポンサーに信用リスクの一部保持を義務付ける最終規則の公表

米連邦金融監督当局:資産担保証券のスポンサーに信用リスクの一部保持を義務付ける最終規則の公表

Defining Issues 14-50 - 米国の金融監督当局が、証券化金融資産の発行者に対して、特定の要件を満たす場合を除き、その商品の信用リスクの最低5%を保持することを義務付けるリスク保持の最終規則を公表したことに関する情報を記載しています。この最終規則は、上場及び非上場の取引において健全な引受実務を促し、証券化業者と投資家の持分のよりよい整合を図るドッド・フランク法第941条を施行するものです。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 最終規則の要約
  4. QRM(Qualified Residential Mortgage)の適用除外
  5. 他の適用除外
  6. リスク保持
  7. 留保持分のヘッジ、資金調達及び譲渡
  8. 開示規定及び公正価値
  9. 潜在的な影響

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信