FASB - 企業内の資産の移転及び繰延税金の表示に関する法人所得税の会計処理について変更を提案 | KPMG | JP

FASB - 企業内の資産の移転及び繰延税金の表示に関する法人所得税の会計処理について変更を提案

FASB - 企業内の資産の移転及び繰延税金の表示に関する法人所得税の会計処理について変更を提案

Defining Issues 14-47 - 2014年10月22日に行われたFASB Board会議に関する情報を記載しています。この会議においてFASBは、企業内の資産の移転に関する法人所得税の税効果の認識、及び全ての繰延税金資産及び負債を区分式財政状態計算書の固定項目に分類することを義務付ける、法人所得税の会計処理の変更を提案することを決定しました。このASU案は2015年初めに公表される予定です。

関連するコンテンツ

内容

  1. 討議された論点
  2. 主な影響
  3. 企業内の資産の移転
  4. 繰延税金の表示
  5. 移行措置及び適用日
  6. 次のステップ

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信