生産性向上設備投資促進税制 | KPMG | JP

生産性向上設備投資促進税制

生産性向上設備投資促進税制

アベノミクスの経済成長戦略の一環として、「先端設備の投資促進」を目的とした「産業競争力強化法」が、2014年1月20日に施行されました。生産性向上設備投資促進税制は、これに応じて2014年度税制改正において、生産設備の新陳代謝を進める企業への税制支援措置として、制度化されたものです。

関連するコンテンツ

本稿では、「生産性向上設備投資促進税制(A類型:工業会が認める最新設備の取得、B類型:利益改善のための設備の取得)」のうち、「B類型:利益改善のための設備の取得」の確認申請に関する実務上の留意事項について解説します。

内容

  1. 制度の概要
  2. 留意事項
  3. おわりに

執筆者

KPMG 税理士法人
ファイナンス&テクノロジー
パートナー 小出 一成

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信