公開草案「未実現損失に関する繰延税金資産の認識」 | KPMG | JP

公開草案「未実現損失に関する繰延税金資産の認識」 New on the Horizon: Deferred tax assets of unrealised losses

公開草案「未実現損失に関する繰延税金資産の認識」

IFRS最新提案の解説 - 本冊子では、IASBが2014年8月20日に公表した公開草案「未実現損失に関する繰延税金資産の認識(IAS第12号の改訂案)」について解説し、KPMGの見解を提供しています。この公開草案は、繰延税金資産の認識の判断において検討される将来の課税所得の範囲を明確にし、特に公正価値で測定される負債性金融商品に係る繰延税金資産の認識等に関して設例を追加することを提案しています。

関連するコンテンツ

内容

  1. 公開草案の概要
  2. 実務への影響
  3. 将来減算一時差異の識別方法
  4. 認識テストにおける「将来課税利益」の判定方法
  5. 未実現損失に関連する控除可能な一時差異は認識のために別個に評価するか

IFRSのトピック

IFRS最新提案の解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信