経営改革の再考 目に見えない企業価値のマイニング | KPMG | JP

経営改革の再考 目に見えない企業価値のマイニング

経営改革の再考 目に見えない企業価値のマイニング

日本経済は、本年(2014年)9月に6年10ヵ月ぶりに日経平均株価が最高値となり、大幅な円安進行による企業業績の上振れが予想されています。一方、円高局面において加速した生産拠点の海外移転は、従来の経済構造に変化をもたらし、経営者は、新たなビジネス環境での舵取りが求められています。

関連するコンテンツ

本稿では、日本企業が再び自助努力で継続的な変化と革新を推進し、顧客、従業員、取引先、すべての関係者の価値と満足度の最大化を実現できるよう、従来の取組みや課題を整理します。そのうえで、ビジネス・バリューチェーンとは何かを再考し、それに対するナレッジと意識・行動を紐付けた「目に見えないものを可視化し、共有化する」視点を取り込み、今後日本企業が国内市場はもとよりグローバル市場で打ち勝ち、シェアを伸ばすと同時に、さらに筋肉質な経営体質になるための改革の取組みについて解説します。

内容

  1. 日本企業における経営刷新・意識改革の必要性
  2. 経営改革の本質を再考
  3. 日本企業のグローバル化に向けた改革
  4. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
アカウンティングアドバイザリーサービス
パートナー 濵田 克己

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信