国際税務リスク対応とグループ管理 | KPMG | JP

国際税務リスク対応とグループ管理

国際税務リスク対応とグループ管理

企業のグローバル化の進展によって海外取引の増加・進出国の拡大・グループ全体での拠点ごとの機能見直し等、事業活動においてさまざまな変化が発生している。それに伴い、海外取引・グループ会社間取引等に対して想定外の課税・二重課税を受けるリスクも増加している。その一方で多くの企業においては、こうした事業変化への対応とグループベースでの国際税務リスク管理は必ずしも適切に行われていない。

関連するコンテンツ

本稿では、国際税務リスクに対するグループレベルでのリスク管理対応策の在り方を検討する。

内容

  1. 国際税務リスクへの対応が必要となる背景
  2. 国際税務リスク対応の現状と課題
  3. 国際税務リスクへの対応策の検討
  4. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー 立原 將喜

KPMG税理士法人
シニアマネジャー 溝口 晋

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信