事業変革推進のための情報テクノロジー活用基本手法 | KPMG | JP

事業変革推進のための情報テクノロジー活用基本手法

事業変革推進のための情報テクノロジー活用基本手法

近年の情報テクノロジー(IT)の進化は目覚ましく、事業変革を推進したい企業経営者等のトップ層にとっても、無視できない存在になりつつあります。IT技術要素の組合せ・構造体系(アーキテクチャ)の概念を踏まえ、見えないもの、見えにくいものを可視化して、全体像を把握しつつ、適切な判断を行っていくことが大切です。

関連するコンテンツ

本稿では、事業自体の革新に大きな影響を与える可能性を秘めているITについて、事業変革テーマとの関連性の捉え方やその活用実践に向けた基本手法などを紹介します。

内容

  1. 事業変革の必須アイテムとなった情報テクノロジー(IT)
  2. IT投資・IT資産の可視化を通じた理解促進と判断
  3. 事業変革実現に向けたIT活用の基本手法
  4. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
パートナー 土田 康彦

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信