海外子会社管理と地域統括機能強化

海外子会社管理と地域統括機能強化

海外進出を果たした日本企業の多くが、海外子会社管理および地域統括会社の機能強化という課題を抱えています。企業が海外で直面するリスクがますます複雑化している中、これらの実現には、リスク管理の視点を活用し、グループ全体像を描きながら粘り強い取組みを続けていく企業の覚悟が求められます。

関連するコンテンツ

本稿では、中国での実例をもとに、シェアードサービス等の統括会社の活かし方と、本社を含めた海外子会社管理の強化に向けた考え方を紹介します。

内容

  1. 海外子会社管理を巡る悩み
  2. 海外地域統括会社への期待と現実
  3. 海外子会社管理と統括会社機能強化を阻むもの
  4. シェアードサービスセンターへの取組み~中国の事例
  5. 海外子会社管理と統括会社の活用に向けて
  6. おわりに

執筆者

KPMG コンサルティング株式会社
ディレクター 足立 桂輔

KPMG中国 上海事務所
マネジャー 加藤 弘毅

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン