FASB/IASB-リース会計に関する再審議は最終段階へ-分かれる見解(Defining Issues 14-46)

FASB/IASB-リース会計に関する再審議は最終段階へ-分かれる見解

このDefining Issuesは、2014年の下半期に行われたFASBとIASBによる重要な決定について要約し、その潜在的な影響に関するKPMGの見解について記載しています。2014年3月以来、FASBとIASBは一部の主要な項目について異なった暫定決定を行っていますが、両ボートによる再審議は概ね年内に終了する見通しです。

関連するコンテンツ

内容

  1. 討議された論点
  2. 主な影響
  3. 背景
  4. セール・アンド・リースバック取引
  5. リースの定義
  6. 貸手の開示
  7. U.S. GAAP固有の提案事項
  8. その他の動向
  9. 再審議における暫定決定の要約

IFRSのトピック

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン