米国における新しい死亡データが退職給付債務に与える影響 | KPMG | JP

米国における新しい死亡データが退職給付債務に与える影響(Defining Issues 14-42)

米国における新しい死亡データが退職給付債務に与える影響

このDefining Issuesは、米国アクチュアリー会が2014年10月31日までに最新の死亡率統計表と死亡率改善スケールの公表を予定していることに関する情報を記載しています。この最新の死亡データには米国における平均寿命の延伸が反映されることが見込まれるため、U.S. GAAP及びIFRSのもとで多数の米国企業の確定給付型年金及び他の退職後給付債務の測定に多大な影響を与える可能性があります。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. U.S. GAAP及びIFRSのもとでは死亡率の最善の見積りが必要
  4. 最善の見積りをする際の検討事項
  5. 新しい死亡データによる潜在的な影響
  6. 次のステップ

IFRSのトピック

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信