IASB、討議資料「料金規制から生じる財務上の影響の報告」を公表

IASB、討議資料「料金規制から生じる財務上の影響の報告」を公表

IFRSニュースフラッシュ - IASBは2014年9月17日、討議資料「料金規制から生じる財務上の影響の報告」を公表しました。本討議資料は、料金規制企業が置かれている経済的環境の特徴、及びそれらの特徴を一般目的の財務諸表において反映するにあたってIFRSの規定を修正する必要があるかどうかについてコメントを求めるために公表されました。コメントの締切りは2015年1月15日です。

関連するコンテンツ

本討議資料の概要は、以下のとおりです。

  • 討議資料において「定義された料金規制」の特徴が、特定のガイダンスの開発を要する可能性のある料金規制の種類を網羅しているか否かについて、コメントを求めています。
  • 料金規制企業に関して、市場関係者が投資や融資を決定するにあたり、最も有用な情報は何であるかを検討しています。また、考えうる会計処理のアプローチを示しています。
  • 2014年1月30日に公表されたIFRS第14号「規制繰延勘定」の表示及び開示に関する規定について、今後開発する可能性のある開示及び表示の規定の基礎とすべきか否かについてもコメントを求めています。

内容

  1. 概要
  2. 本討議資料公表の背景
  3. 料金規制に関するプロジェクト
  4. 定義された料金規制の特徴
  5. 考えうる財務報告上のアプローチ
  6. 次のステップ

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン