ヒトが変われば会社は変わる~成長に向けたビジネスモデルをサポートする人事機能変革の奨め~ | KPMG | JP

ヒトが変われば会社は変わる~成長に向けたビジネスモデルをサポートする人事機能変革の奨め~

ヒトが変われば会社は変わる~成長に向けたビジネスモデルをサポートする人事機能変革の奨め~

日本企業の利益構造はここ数年間で大きく変化しています。海外市場での売上と利益の比重が飛躍的に高まり、利益の8割は海外という企業も珍しくありません。昨今の組織人事に関する悩みの背景には「グローバルへの対応」があります。一方で内部環境(国内)に目を移すと、「雇用の多様化」や「社内高齢化」があり、この内外の環境変化への対応が日本企業における人事部門の喫緊の課題となっています。

関連するコンテンツ

グローバル化に伴う企業規模の著しい増大、従業員構成の複雑化のために、現行の人事部門の画一的な運用では限界があります。配置、育成、評価といった人事機能を人事部という特定の部門で集中管理している仕組みを変革しなければ長期的な繁栄は望めません。また、現場の実情に即したライン管理職による直接的な人事管理も必要になります。
本稿では、これからの環境変化に対応するためには、人事部門はどうあるべきか、成長に向けた“新しい人事制度の姿”を描き、人事機能を変革する人事戦略を解説します。

内容

  1. グローバルマーケットで成長を図るために
  2. これからの人事部門の課題
  3. 新しいビジネスモデルに合致した人事のあり方とは?
  4. おわりに

執筆者

KPMG コンサルティング株式会社
シニアマネジャー 油布 顕史

関連リンク

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信