グローバルキャッシュマネジメントと財務の高度化 | KPMG | JP

グローバルキャッシュマネジメントと財務の高度化

グローバルキャッシュマネジメントと財務の高度化

日本企業は国際化が進んだ一部の先進的な企業を除き、まだ本格的にキャッシュマネジメントをグローバルで導入している例は極めて少ないですが、アベノミクスの影響で企業の成長投資が海外に向かい始めた昨年以来、日本企業のキャッシュマネジメントに対する関心が急速に高まってきています。これは海外のグローバル企業と対等に競争するためには財務の高度化が必要であることが、ようやく普及し始めたためだと思われます。

関連するコンテンツ

本稿では、筆者のソニー株式会社におけるキャッシュマネジメント導入や金融子会社設立に携わった経験を踏まえ、キャッシュマネジメントの歴史、仕組みを簡単に説明した後、キャッシュマネジメントをめぐる最近の動きについて解説します。

内容

  1. キャッシュマネジメントの歴史
  2. キャッシュマネジメントの仕組み
  3. キャッシュマネジメントのもたらすメリット
  4. キャッシュマネジメントを効果的に使いこなす前提
  5. トレジャリーセンター
  6. キャッシュマネジメントの新しい潮流
  7. より高度な財務管理へ
  8. まとめ

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
金融事業部 金融アドバイザリー部
マネージング・ディレクター 栗原 宏

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信