OECD - BEPSに関する第1次提言を公表

OECD - BEPSに関する第1次提言を公表

OECDは9月16日、税源浸食と利益移転(BEPS)に係るOECDとG20の共同プロジェクトに基づき、多国籍企業の租税回避に対処する国際協調体制に関する第1次提言を発表しました。

関連するコンテンツ

このメールマガジンでは、第1次提言で示された7つのレポートのポイントをご紹介します。

内容

  1. Action 1 電子商取引課税
  2. Action 2 ハイブリッド・ミスマッチの効果の無効化
  3. Action 5 有害税制への対抗
  4. Action 6 租税条約濫用の防止
  5. Action 8 無形資産に係る移転価格ルールの策定
  6. Action 13 移転価格関連の文書化の再検討
  7. Action 15 多国間協定の開発

KPMG TaxメールマガジンNo.78 掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン