これからの予算管理制度の在り方 | KPMG | JP

これからの予算管理制度の在り方

これからの予算管理制度の在り方

予算管理は、経営管理の一手法であり、急激に変化する経済環境に迅速に対応するための経営意思決定には、必要な情報を適時・適切にマネジメントへ提供する仕組みを構築することが重要です。

関連するコンテンツ

これらの課題を克服するためには、予算管理制度の伝統的意義である目標管理手段、予実分析から得られる原因究明と必要施策の特定手段、そして予算数値に影響を与えるボラティリティーの変化に応じて将来を見通し、予測・シミュレート手段を講ずる必要があります。
本稿では、経営管理の一手段としてのこれからの予算管理の在り方について紹介します。

内容

  1. 経営管理と予算管理の関係
  2. 予算管理とは
  3. これからの予算管理制度の在り方

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
アカウンティングアドバイザリーサービス
パートナー 鈴木 龍吾

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信