新しい収益認識基準の税務会計への潜在的な影響

新しい収益認識基準の税務会計への潜在的な影響

Defining Issues 14-36 - FASBとIASBが2014年5月に共同で公表した収益認識基準による収益認識のタイミングや金額の変更は、法人税及び他の種類の税の算定及び財務報告に影響を与える可能性があります。このDefining Issuesは、新しい基準の適用による影響を企業が評価するに際して検討すべき税務会計への影響について記載しています。

関連するコンテンツ

内容

  1. 現行基準からの主な変更
  2. 主な影響
  3. 連邦法人税及び州法人税の課税所得目的の会計処理
  4. 移転価格
  5. 法人税の会計処理
  6. 所得に基づかない税
  7. 他の検討事項

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン