FASB - 持分投資の会計処理及びコア預金に関する開示についての暫定決定 | KPMG | JP

FASB - 持分投資の会計処理及びコア預金に関する開示についての暫定決定

FASB - 持分投資の会計処理及びコア預金に関する開示についての暫定決定

Defining Issues 14-35 - FASBが2014年7月30日のボード会議において行った、金融商品の分類及び測定に関する暫定決定の概要を解説するものです。持分投資を当期純利益を通じて公正価値で測定する(FV-NI)ことの確認、公開営利企業に対し、コア預金債務残高及びコア預金債務残高の過去実績に基づく加重平均残存期間の開示をコア預金勘定の重要なタイプ別に行うことを義務付けることを暫定決定した。

関連するコンテンツ

内容

  1. 重要な決定事項
  2. 持分投資
  3. コア預金債務に関する開示

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信