関税評価(Custom Valuation) | KPMG | JP

関税評価(Custom Valuation)

関税評価(Custom Valuation)

日本の関税定率法に定める関税(従価税)の課税標準である関税評価額の原則的な決定方法は、その輸入貨物につき現実に支払われた又は支払われるべき価格に基づいて評価する方法である。

関連するコンテンツ

ただし、原則的方法により関税評価を行うことができない場合、同種又は類似の貨物の価格により関税評価が行われる。さらに、原則的な方法、同種又は類似の貨物の価格のいずれの評価方法でも関税評価ができない場合には、国内販売価格又は製造原価に基づいて関税評価が行われる。

なお、関税定率法に定めるこの評価方法の適用順位は、WTOが定める関税評価協定に準拠したものとなっている。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信