事前教示制度(Advanced Ruling) | KPMG | JP

事前教示制度(Advanced Ruling)

事前教示制度(Advanced Ruling)

輸入者が、輸入を予定している貨物の輸入にあたって、事前に関税率表上の所属区分(HSコード)、関税評価、原産地、及び減免税について税関に照会を行い、その回答を受けることができる制度をいう。

関連するコンテンツ

事前教示の照会は文書、口頭又はEメールにより行うことが可能である。なお、口頭又はEメールによる事前教示に対する回答は、輸入申告の審査の際に尊重されないが、文書による事前教示の照会については、その回答内容は輸入申告にあたって尊重されるため、輸入申告における関税率、関税評価額及び原産地についての不確定な要素を排除することができるとともに輸入通関をよりスムーズに行うことが可能となる。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信