IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」

IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」

IASBとFASBは2014年5月28日に、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表しました。本基準は、収益に関する包括的な単一の会計基準を開発することにより、財務諸表の作成を容易にするとともに、企業間の比較を向上させ、財務諸表利用者に、より有用な情報を提供することを主な目的として開発されたものです。

関連するコンテンツ

IFRS第15号は、2017年1月1日以降開始する会計年度より適用され、早期適用も認められます。企業は、IFRS第15号を初めて適用する期間において、IFRS第15号を遡及的に適用する方法(一定の軽減措置を適用することも可)と、利益剰余金等の累積的影響額を調整する方法の、いずれの方法を採用することも認められます。
本稿では、IFRS第15号における収益認識モデルの概要について解説します。

内容

  1. IFRS第15号における収益認識モデル
  2. IFRS第15号の適用方法-その他のガイダンス
  3. 表示および開示
  4. 適用日、経過措置および初度適用企業
  5. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
IFRSアドバイザリー室
マネジャー 島田 謡子

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン