IASB討議資料の解説「動的リスク管理の会計処理」 | KPMG | JP

IASB討議資料の解説「動的リスク管理の会計処理」

IASB討議資料の解説「動的リスク管理の会計処理」

2014年4月17日、国際会計基準審議会(IASB)は、討議資料「動的リスク管理の会計処理:マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ」(以下「DP」という)を公表しました。

関連するコンテンツ

本DPは、企業が動的(ダイナミックな)リスク管理を行っている場合にその実態を財務諸表に忠実に表わすことを目的として、従来のヘッジ会計の枠組みとは異なる新たな会計処理を審議するために、広く意見を募集するものです。

本稿では、DPの公表に至った背景、提案されている会計アプローチの概略、意見が求められている主要な論点について、特に金利リスクの管理に関する観点より解説します。

内容

  1. DP公表の背景
  2. 銀行の金利リスク管理の特徴と、現行のヘッジ会計のコンセプトと問題点
  3. PRAの概略

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
金融事業部
パートナー 大川 圭美

IFRSアドバイザリー室
シニアマネジャー 植木 惠

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信