IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の影響 - 食品業

IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の影響 - 食品業

本ニューズレターは、2014年5月28日に公表されたIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」のコア原則である5つのステップの検討にあたり、食品業を営む日本企業が直面すると想定される課題のうち、多様な販売奨励金、卸取引、 返品を紹介しています。

関連するコンテンツ

内容

  1. 収益認識の5つのステップ
  2. 多様な販売奨励金
  3. 卸取引
  4. 返品

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン